スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海トラフのひずみについて


PN2016052301002266_-_-_CI0003.jpg

【gooニュースよりお借りです】
 南海トラフ巨大地震の想定震源域で、海底のプレート(岩板)にたまったひずみの
分布状況を初めて明らかにしたと、海上保安庁海洋情報部の調査チームが23日付の
英科学誌ネイチャー電子版に発表した。ひずみが解放される時に地震が起きると
考えられており、海保は「将来懸念される巨大地震に向け、より詳しい被害予測や
観測態勢の充実に役立つ」としている。

 同地震は、海のプレートが陸のプレートの下に潜り込む境界で起きる。ひずみは
潜り込みに引きずられた陸のプレートに蓄積し、元に戻ろうとする時に地震が発生する。

 海保は、想定震源域にあたる静岡県から高知県沖の海底15カ所に観測機器を設置。
正確な位置が分かる観測船を使い、これまで不可能だった海底の地殻変動を観測した。

 2006〜15年度の10年間のデータを分析した結果、遠州灘や紀伊半島沖、四国の
南方沖などに年間5センチ程度のひずみを蓄積する「強ひずみ域」があることが分かった。
強ひずみ域は、想定東海地震の震源域やマグニチュード(M)8.0だった1946年南海
地震の震源域からさらに南西側に広がっていた。

 海保海洋防災調査室の横田裕輔さんは「このデータを基に予測すればより現実的な
被害想定ができ、今後の地震観測態勢を考える一助にもなる」と話している。【飯田和樹】


【南海トラフとは?】(ネットより拝借)

jwg

南海トラフとは何を意味しているのでしょうか?

静岡県の南の海域から四国の南の海底にあ る浸水4,000m級の深
い溝のことを南海トラフと言うのです。

非常に活発で大規模な地震発生プレートであることが特徴で、南海
トラフの起源としては、 北西に進んでいるフィリピン海プレートが、
ユーラシアプレートの一部である西南日本と衝突して出来あがって
いまして、その下に沈み込んでいる沈み込み帯を称しています。


 熊本地震のあとは、否応無しに、東海・東南海・南海・東京直下型

大地震が予想されるが、この日本はいつどこで巨大地震が起きても

おかしくない。かと言ってどうしてみようもないが、その時にパニくら

ないようにはしないことだね。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

松兄イ

Author:松兄イ
最近、歳とともに衰えを感じる
今日この頃。
06FZ1フェザーもなかなか
乗る機会が少なくなり、益々
中年オヤジになっていくオラ。
しかし歳には負けねえぞ~!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
コアラ時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。