スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご粗末な水上救助艦「統営」の話。

(お隣K国の朝鮮日報より)

 最新鋭の水上救助艦に40年前のソナー搭載!?

2014091901440_0.jpg

防事庁が合参の要請書を無断変更
2億ウォン台の装備を41億ウォンで購入…監査院、納品不正の容疑者を告発へ


 韓国の技術で建造された最新鋭の水上救助艦「統営」(3500トン級)。同艦の
中心装備である音波探知機(サイドスキャンソナー)が、1970年代に建造された
救助艦「平沢」と同一の仕様であることが17日までに分かった。

 これは、1590億ウォン(現在のレートで約166億円、以下同じ)を投じて建造した
「統営」の音波探知機の性能が、40年前と同水準ということを意味する。「平沢」は、
1970年代に建造され米海軍で活動したイーデントン級救難艦を、退役後の1996年に
韓国海軍が取得し、再就役させた船だ。

 監査院は今年5月から7月にかけて、国防部(省に相当)や防衛事業庁(防事庁)
などを対象に、韓国軍の「防衛産業制度の運営および管理の実態」について監査を
実施した。その結果、2010年に「統営」に搭載するサイドスキャンソナーの機種選定を
行った際、合同参謀本部(合参)が要求した軍作戦要求性能を、防事庁が「平沢」
レベルに無断で変更していたことが明らかになった。

 さらに防事庁が、2億ウォン(約2090万円)台のソナーを、特定の業者から41億ウォン
(約4億2700万円)で購入していたことも判明した。

 座礁船の救助や沈没船の探索・引き揚げといった任務を遂行する「統営」は、
2012年9月に進水し、運用試験評価を経て、昨年10月末に韓国海軍へ引き渡される
予定だった。しかしソナーをはじめとする中核装備で次々と問題点が明らかになり、
韓国海軍は現在も引き渡しを受けることを拒否している。このため「統営」は、
今年4月の旅客船セウォル号沈没事故の際には救助現場に投入されなかった。 

 監査院は、納品不正の容疑者を検察に告発する予定だ。


 不正もさることながら、百数十億もかけてどうすんだろ?ってか

相変わらず国あげてやることが凄過ぎる。いや低すぎる。

いや待てよ、余計なお世話ですた。


 早速こんな動画作られてますた。参考にどうでしょ。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

松兄イ

Author:松兄イ
最近、歳とともに衰えを感じる
今日この頃。
06FZ1フェザーもなかなか
乗る機会が少なくなり、益々
中年オヤジになっていくオラ。
しかし歳には負けねえぞ~!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
コアラ時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。